途中ってどーなってる?

2018/12/06

こんにちは。EGAMI HAIR大泉学園の高倉です。

今年も残すところ一ヶ月をきりましたね。

美容業界はこの12月が年間で一番忙しい月になります。

今月ご来店希望の方はお手数ではありますがご予定が分かり次第ご連絡もらえれば、ご希望に添いやすいのでご協力いただけますと幸いです。

 

さて、今年はHPやホットペッパーのブログにてデザインカラーの記事を多く載せさせていただきました。

最初に流行り出した時は【メッシュ】。ド派手がウリのカラーでした。

次にでたのが【3Dカラー】。見た目はわからない位で仕上げるけど

若干違う明るさをいれる事で色の立体感が出てヘアスタイルがより立体的になるという、色よりヘアデザイン全体を際立たせる隠し味要素のカラーでした。

そこからハイライトブームが下火になったのですが、ここ数年!派手なハイライトカラーがまた流行ってます。

ホットペッパーのブログにも写真付きで掲載しておりますが

【セクションカラー】【ウィービング】【グラデーションカラー】

【オンブレカラー】【ソンブレカラー】【バレイヤージュ】

いろんなハイライトをその人の好みや個性に合わせて使う時代になりました。

私も今年はいろんなハイライトを施術しました。

ただ実際ハイライトってなにやってんだ?と^_^;

何度も染めて流して、染めて流して・・・

途中過程てあまり紹介されてないですね。

ということで!!写真載っけました。

これはウィービングです。メッシュの一番基本形の技術です。

ただそれも年々入れ方が進化してるので、基本形といっても進化系です笑

こんな感じに脱色したところから作りたい仕上がりに応じてかえていきます。

オンカラーで明度差をベースに寄せてナチュラルにするか

逆にオンカラーで黄ばみを消しペール系のハイライトにしたり

一人ひとりに合わせて施術をします。

ちなみに写真は黄ばみが強いので白っぽくもっていきたい方は

脱色足りません・・・

そんなこんなでお客様個々の希望に沿って途中過程もこだわって施術します。

来年もまだまだハイライトはトレンドの筆頭になると思いますので

興味がある方は是非ご相談ください。